STAPA Link

STAPA について

スマホってなに?
 スマートフォンは、手のひらサイズのパソコンです。
 パソコンというと計算機のイメージが強いのですが、当初の電子計算機のイメージからコミュニケーションの道具というイメージが強くなっています。それは、インターネットで情報を検索し、メールのやりとりができるようになったからでしょう。

 1995年にWindows95がリリースされ、その普及とともにインターネットは、私たちの生活の中に入ってきました。そして、同時期に普及したのが携帯電話です。この携帯電話には、インターネットを閲覧することができるiモードが備わっていました。他方、2000年代に入ってiphoneに代表されるスマートフォンの普及が始まります。そして現在では、スマートフォンがガラケーと呼ばれる携帯電話よりも普及しています。携帯電話は通話機能を中心に利用されてきましたが、スマートフォンの利用が拡大するにつれて、LINEなどのインターネット上で提供されるサービスを利用するための端末として利用されることが多くなってきました。スマホは、電話に限らず多様なメディアを利用できるコミュニケーションの端末となったのです。

アプリは、「App Store」、「Google play」で
 さて、冒頭にスマホは手のひらサイズのパソコンと説明しました。パソコンは、CPU、メモリ、ストレージによって構成され、基本ソフト(OS)とアプリケーションソフト(アプリ)によってさまざまな機能を発揮します。スマ―トフォンで使われているOSは、iOSとAndroidの2つです。このOSに応じたアプリが、それぞれApp Store、Google playで提供されています。無料のアプリも、有料のアプリもあります。

クラウドストレージに保存
クラウドストレージと呼ばれる、iクラウドやGoogleドライブなどに写真、動画、その他スマホで作成したものを保存することができます。保存できるばかりでなく、編集の機能や、他の人との共有などもできます。インターネットに接続されているコンピュータでGoogle、Apple、Microsoft、Amazonなどさまざまな企業が提供しています。ほぼ無制限に無料で使えるクラウドストレージもあります。

STAPA linkは、情報巷間の場を創ります
 スマホ、タブレット、パソコンをフルに活用して、WEB上で情報を検索し、クラウドストレージを縦横無尽に使いこなすようになれば、生活はさらに便利になるのではないでしょうか。そのためには、使い方についてのJノウハウとSTAPA、クラウド、WEB検索などの知識や情報を得ることが必要です。そのための情報交換の場が、STAPA linkです。情報交換会のSTAPA Cafeをはじめさまざまな企画を通じて、情報交換の場を提供していきます。ぜひ、ご参加ください。


Photo by avaxhome.ws /CC BY 4.0